家庭用脱毛器の種類について

家庭用脱毛器の種類について

これから夏に向けて、ムダ毛が気になる季節です。

 

きちんとムダ毛を処理したい方は、そろそろ考えなくてはならない時期です。

 

スカルプシャンプー

 

エステに通うのも少々面倒くさいですし、毎日カミソリを使うのも面倒です。

 

そんな時には、家庭用脱毛器がお勧めです。

 

家庭用脱毛器の一番のメリットは、ムダ毛の自己処理が家で簡単に出来る事です。

 

種類は様々で、小型の電池式の挟んで抜くタイプのものと、

 

レーザーなどによって毛根に働きかけるものがあります。

 

前者は抜くタイプなので、一気にムダ毛は無くなりますが、肌のトラブルには気をつけなければなりません。

 

後者は、少々時間がかかりますが、毛根に働きかけるので徐々にムダ毛が減っていきます。

 

家庭用レーザーは医療用レーザとは違い、とても弱いので、それも仕方ありません。

 

レーザーやフラッシュ式の家庭用脱毛器を購入するなら、少々価格が高くなりますが、なるべく広範囲を処理できる家庭用脱毛器を購入しましょう。

 

通常1cm四方程度しか出来ないのですが、マシンによっては何倍も広くレーザーが当てられますので処理が早くなります。

 

時間がかかり過ぎる家庭用脱毛器は、結局は押入れの中にしまわれてしまう確率が高くなります。

 

予算と時間と自分の肌質を見極めて購入される事をお勧めします。

敏感肌でも家庭用脱毛器

 

家庭用脱毛器は、昔のものに比べて最近のものは、どんどん性能がよくなっていて、

 

しかも価格的にもお手頃で手に入りやすくなっていると思います。

 

もう何年もずっとソイエの脱毛器を使っていて、始めはそれでもいいと思っていたのですが、

 

やはり仕上がりには満足しているわけではないので、買い換えたいと思って検討中です。

 

本当は、脱毛エステやクリニックに行きたいというのもあるのですが、

 

クリニックの永久脱毛はお値段的にちょっと厳しいし、エステなら、と思っていたのですが、

 

敏感肌でアレルギー体質なため、以前カウンセリングに行った際にはお断りされてしまいました。

 

なので、自己処理を続けるしかないのかと思いつつの家庭用脱毛器です。

 

毎日のようにカミソリで剃るよりは肌への負担もなく、脱毛効果もそこそこもつのでいいかな

 

というところです。

 

最新式のものなら、より肌への負担が少なく、使いやすそうなものがあるようなので、買い換えたいです。

 

通常の抜くタイプのものと、光脱毛とで、だいぶお値段が違うので迷います。

 

光脱毛は手が届かないと思っていたのが、最近ではかなりリーズナブルな価格で手に入りやすくなっている

 

ようなので、エステにいくよりはずっといいなと思い、検討中です。

 

敏感肌でも大丈夫そうか、少し調べて決めようと思います。

家庭用脱毛器でムダ毛処理をする利点

 

ムダ毛は通常のお手入れを続けていても決してなくなることはありません。

 

年齢や肌の状態によっては生えてくるスピードが遅くなることもあるかもしれませんが、そこに毛母細胞が存在し、活動していれば再び毛は生えてくるのです。

 

そうして生えてきた毛は、女性であればお手入れ対象になるでしょう。特に腕や脚などの普段から露出されることの多い部分のムダ毛には常に注意を払う必要があります。

 

 

 

ムダ毛の処理方法はいくつかの種類があります。最近は比較的低価格で脱毛エステの施術を受けることが出来るので、そこでお手入れをしている方も多くなっています。

 

しかし家庭用脱毛器の性能も向上しており、これによって自己処理を行っている方も少なくありません。

 

 

 

家庭用脱毛器と言っても脱毛の仕組みは機種によって違います。電気シェーバータイプや毛を挟んで抜くタイプに加え、エステのようなフラッシュ式脱毛器や高周波脱毛器なども数多く登場しているのです。

 

こうした脱毛器を使ってムダ毛処理を行う場合の最大のメリットは自宅で手軽にお手入れが出来るという点にあります。

 

家庭用の脱毛器は購入後は時間や場所を選ばず使用することが出来ます。

 

日中にお手入れの時間が取れない方でも、夜中にお手入れをすることが可能なのです。

 

加えて、例えわずかなムダ毛処理でも手軽にできるので、部位によって費用がかかってしまう脱毛エステに比べると自由度が高いのも特徴です。